夜勤専従で働く前にしっかりとチェックしておきましょう!

夜勤専従勤務のポイントと子育て

看護師の仕事での夜勤専従は、業務内容や仕事の量や給料など各病院・ 医療機関によって大きな差がありますが、夜勤と子育ての関係について も考えてみましょう。

一般病棟と比較すると医療行為が少ない老健と略される介護老人保健施設や 老人病院などの福祉系の職場の方が夜勤は楽な印象がありますが、 これも病院によって大きく異なります。 老人病院であっても、介護士と同等の仕事を看護師に期待する職場も ありますし、看護師の仕事は看護業務に限定して徹底している病院も あるからです。

一般病院でも外科よりも内科の方が仕事は比較的楽であるという印象が ありますが病院によっては全然違います。自分が勝手にイメージして いるまま就職してしまうと実態との違いに失望する場合もあるでしょう。 特に夜勤専従は当たり外れが大きいし、実際はハズレの確率が大きいです。

夜勤専従での仕事をはじめての長続きしない人達が多いので求人も多く なります。 実際に仕事をしてみないと職場事情はわからないならどうしようもあり ませんが、看護師求人情報サービスを利用すれば、内部事情も把握でき るので転職の失敗も少なくなります。

夜勤専従をしている看護師は独身も多いですが、中には子育て中の女性も います。きちんとした職場を選べばママさんナースやシングルマザーナース は夜勤専従に向いているでしょう。 ですが職場選びを間違ってしまうと、仕事と家庭の両立は不可能です。

普通でも夜勤は重労働ですし、家事も育児もとなると身体がもたない ですが、仮眠や休憩がチャンと確保できてシフトも無理がなければ、 業務が楽な病棟なら夜勤明けでも有効に時間が使えるでしょう。 実際に病院や科によって業務内容や忙しさはかなり違います。

仮眠も休憩も取れないような職場では夜勤明けは帰宅して寝て一日が 終わってしまうけれども、子育て看護師の場合は家事も育児もあるので 寝ている訳にいきません。

夜勤専従をしている子育て看護師は、お子様を一般の保育園に通園させ てその間に仮眠や家事をして、子どもがいる時間はゆっくりと接して あげるというパターンが多いです。

また院内保育所がある病院もあるので、そういったところならば日中は 子どもと一緒に過ごすこともできます。子どものお昼寝の時間に仮眠したり、 夜勤の時の食事は休日にまとめて作ることもできます。

以上、夜勤専従勤務のポイントと子育てについて説明しました。 夜勤専従は大変な勤務ですが、工夫をすることによってお子様と接する 時間が増えるので子育てと仕事の両立はしやすいです。