新人看護師が乗り越えるべき大きな壁とは?

新人看護師が抱えるストレスについて

新人看護師が抱きやすいストレスは、実務に対する不安です。それを解消するための術が明確に提示されているのであれば、すぐにでも解決に向かうことができます。

しかし、教育的配慮も講じられずに、自分で学ぶというスタイルで業務を重ねているのであれば、正しい医療サービスの提供を行うことができるかに迷いが生じます。 経験を有した看護師であっても、新たな現場では新人同然です。

不安を抱えたまま患者さんへの対応を行うことは、自分が何をすべきかの最善策に対するイメージも明確には抱けません。だからこそ、教育環境の充実が、新人看護師を支える大きなメリットとなるのです。

テクニカルラダーの導入やプリセプター制度の実施など、看護師を取り巻く教育環境はそれぞれの職場で考えられています。独自の教育システムを講じているところもあり、できるだけ実践に早く慣れることができる人材育成に励んでいるところは多くなっています。

厳しい現場で安心して働くことができるだけの知識と経験を積ませるためにも、細かなステップを組んだ教育策は重要なポイントです。それぞれの特色を活かしながら、現場で機能することができる環境を設定することによって、新人看護師が抱えやすい不安を汲み取ることはできるはずです。

目標を設定しながらの教育も大切ですし、マニュアルに沿った教育など、一貫した指導を行うということも求められます。教育者のスキルが長けているか、システム的なものがしっかり確立しているところこそが、新人時代に嫌な思いをすることなく、着実に知識や技術を積み重ねる専門職へと繋がるのです。

看護師のみならず、コメディカルは医師を補助するための重要な存在です。それぞれが責任を持って働くことができるスキルを持っていれば、確実なステップアップも十分図れます。

新人看護師が実務を習得するためにも、周囲にどんどん頼りながら経験を重ねるというのは、当たり前のように感じるかもしれませんが、貴重な環境なのです。だからこそ、教育に長けている職場は、看護師の定着も高く、看護体制加算が講じられるのです。