企業看護師の求人をお探しの方は要チェックです!

企業看護師求人のメリット&デメリット



今は看護師が企業に就職して仕事をする場合もあります。当然ですが病院など医療機関と異なっているです。 企業と病院では勤務形態餅外し職場の雰囲気も全く違ったものになります。
夜勤専従看護師に強い求人サイトは?

また就職する場合の面接までのステップも違います。 病院へ入るための就職活動とは大きなギャップがあるでしょう。 ここでは、看護師が企業で勤務する場合のメリット&デメリットを整理しておきたいと思います。

まずは病院と比較してのメリット&デメリットを考えてみましょう。 病院で勤務する場合のメリットは、再就職がやりやすくて患者さまと直接関わりあいをもてることでしょう。 逆に病院で勤務する場合のデメリットは人間関係がギクシャクしやすいことと不規則な勤務で体力的に厳しいことです。

では看護師が企業で勤務する場合のメリットです。

(1)夜勤がないこと
(2)残業が少ないこと
(3)勤務が規則的であること
(4)体力的に負担が少ない仕事内容であること
(5)業務の専門性が高いこと
(6)実力によっては収入アップやキャリアアップが期待できること
(7)子育てと両立しやすいこと
(8)穏やかな職場環境で仕事ができること

次に看護師が企業で勤務する場合のデメリットです。

(1)病院とは異なり患者さまとの直接的な関わりがなくなること
(2)精神的にも看護技術的にも病院勤務に戻ることは難しくなること

具体例として企業内で医務室に勤務する産業看護師を考えてみます。 病院勤務の場合は医師がいるのが当然ですが企業看護師として仕事をする場合は医師がいないことが大きな違いです。 企業看護師は知識と経験が要求されて自分で冷静に判断し業務を遂行しなければなりません。

企業の業務内容によっては大けがをしてしまった従業員のケアもあるでしょう。 激しいストレスを抱えてしまい仕事に支障があるうつ症状の社員もいる場合もあります。 看護師が企業で勤務するということは大勢の社員を数少ない看護師がケアするということです。

緊急のケアをしなければならない従業員が発生したら、これまでの経験・知識をフル活用させましょう。 適切な医療処置・アドバイスをしなければならないです。

以上、看護師が企業で勤務する場合のメリット&デメリットを整理しておきましたので転職・復職する際の参考にしてください。 看護師が病院への転職をする場合と同様に、ご自身に合った企業を選択することが大切です。
公益社団法人 神奈川県看護協会

看護師の夜勤について

看護師は高収入と言われることが多いですが、その理由として挙げられるのが、夜勤手当の高さでしょう。夜勤手当の内容や金額はどこで働くかによって違いますが、中にはかなりの高額設定となっているところもあります。

ただ、夜勤手当が高いところほど激務になりがちだということはよく考えておいたほうがいいでしょう。報酬の高さにひかれて仕事を選んだものの、耐えられないほど忙しかったという場合は長続きさせるのが難しくなってしまうはずです。

また、逆に夜勤手当が安すぎる職場もあります。だからといって夜勤を断ったりすると職場に居づらくなってしまうこともあるので、不満を抱えながら夜勤をしているという方も珍しくありません。

それから、夜勤といえば夜に働くわけなので、健康管理が難しくなってしまう人も多いです。 中には夜勤が原因で体を壊してしまう人もいるわけなので、自分の体力なども考えたうえで夜勤の回数について相談をしたいですね。

入院設備のある施設では、看護師が交代で夜勤をするのが当たり前という体制になっています。 ただ、子どもが小さい、体調管理が難しい、体力がないなどの理由からどうしても夜勤をしたくないという人もいるのではないでしょうか。逆にもっと夜勤を増やしたいという人もいるでしょう。

そのような希望があるのならば、転職をするというのもひとつの方法です。 特に夜勤を増やしたいということであれば現在の職場でも応じてもらえる可能性がありますが、夜勤をしたくない、減らしてほしいという要望はなかなか通りにくいと言えます。

看護師が働ける職場の中には夜勤がないところもあるわけなので、そういった職場に移るのもいいですね。注意しなければならないこととして、中には求人情報で「夜勤なしでも可」としているのにいざ働き始めると夜勤を頼まれてしまうケースがあるということ。

こういったトラブルを避けるためには、転職支援サイトの力を借りて職場探しをしたほうがいいでしょう。

看護師の昇給について

看護師として働いているものの、今の給料に不満を感じているという方も多いようです。 仕事内容は激務であるのに、報酬はそれほど高くない職場もありますよね。 そういった職場では不満が出て当然です。

報酬をアップしてもらう方法はいくつかあるのですが、昇給を狙うという手もあるでしょう。 ただ、看護師という職業は昇進のポストが少ないという難点があるのです。 それでいて働いている人数は多く、数十人でひとつのポストを目指す様な形になってしまうことも珍しくありません。

そういった職場でポストを目指すのであれば、まずは勤続年数をできるだけ長く積み上げていくことが重要です。数年程度では難しく、より勤続年数が長い人のほうがポストに近付けるでしょう。

ただ、勤続年数を積み上げてきた方の中には、途中で結婚や出産があって職場を離れなければならないケースもあるかもしれません。 出産後は子育てを充実させるためにパートとして戻ってくる方も多いのですが、そうなるとポストは遠のいてしまいますよね。

昇進や昇給に関することは働き始めてからでなければわからないケースがほとんどなので、事前に調べるのは難しいですよね。何年も勤めてから「そういえば入った時から給料が変わっていない…」ということに気付いたとしても遅いです。

採用試験の際に面接で昇進や昇給について確認するという方法もありますが、こういった質問をしてしまうと印象を悪くしてしまう可能性も考えられます。

そこで、転職支援サイトの力を借りてみてはどうでしょうか。転職支援サイトを活用すれば、聞きづらい質問を代行してもらえるだけでなく、求人先についてかなり細かい情報を持っています。

そのため、こちらからわざわざ確認しなくても、「昇給率が良い職場で働きたい」と伝えるだけで条件に合った職場を提案してくれるのです。自分一人ではなかなかこういったことが難しいので、コンサルタントに相談をしながら満足のいく報酬設定がされている職場を探しましょう。